INFO

社長メッセージ

近年の目覚しい技術の進歩に伴い、社会の仕組みも変わることで、仕事はなくなったり新たに増えたりするものです。ITの技術はいよいよ円熟に向かい、インターネットと端末で情報とモノとを結ぶIoT(Internet of Things)の出現や、膨大な情報を有効的に選考できる人工知能(Ai)、人の形にまで技術を集約できるようになったロボットなどの誕生により、社会全体が大きく変わる事(今後10年~20年で現在の47%の職業がなくなるとオックスフォード大学が認定)が予測されております。確実に働きの場は減少を余儀なくされますし、幸せの価値観がより個人化、縮小化すると考えられております。

そのような時代であっても、弊社(タスク・フォース)は社会インフラ工事会社として、人間中心(職人の集団)の会社であり、業務遂行するには、人が主役の業務形態は今後50年100年後も変らないと考えます。
激動する時代の中で、従業員一人一人が自分にしか出来ない固有の人間性を磨き、お客様に信頼され、必要とされる、人間力(人間力とは、人に働きかけることによって相手の心をうごかす能力)No.1集団を目指します。

座右の銘(弊社の行動理念)

この格言は、明治に生まれ、第26.27代連語艦隊司令長官を務めた、山本五十六先生のお言葉です。この言葉は江戸時代中期の大名の上杉鷹山の「してみせて 言って聞かせて させてみる」から影響を受けているとされてます。
「最近の若い者は」なんて言う言葉を聞きますが、ジェネレーションギャップは必ず生じますし、200年も前から、このような名言があることから、常にその一人の可能性を見つけあい、顧客満足第一主義とし、一人一人の固有の人間性を磨いて活躍、輝ける職場・会社を目指しております。

この格言は、一代で世界的企業、パナソニックを築き上げられた、松下幸之助先生のお言葉です。
何事も素直な心で捉え衆知を集め、創意工夫し実行すれば人間は必ず成功に導かれる。という意味です。
ビジネスモデル、幸せに対する価値観等、激動に変化する世の中にあって、決して楽しい時間軸だけではなく、苦悩の時間軸の方が多いと思います。成果が結果に表れにくく、ストレスを多く抱える事も、個々の精進の結果と捉え、社員独り一人が励ましあい成長し、みんなの知恵で経営する「衆知経営」に徹しております。

今後の展望(三カ年計画)

2017年4月よりスタートした、さらなる成長を目指して新たな挑戦は
「人間力で未来を切り開く」をキャッチフレーズとして、
(組織力・技術力向上による経営基盤の強化)
(人材の確保と育成による人間力の向上)
(業務遂行に於いて一人ひとりが夢を語ることができる環境)
を三本の行動指針とし総合力向上に取り組んでいます。
弊社は社会インフラ工事施工会社で人間中心の企業であり、人のみが価値を創造する業態です。当社社員だけではなく、グループ会社社員、協力業者様、一人ひとりの、技術力、施工技能力、提案営業力など、ぞれぞれの立場における社員の能力向上に向けた教育、コミュニケーションを積極的に実施しております。
人間力NO1企業を目指し、たゆまぬ努力を重ねて参ります。

一日の流れ

8:00
出社(一日の予定確認・準備)。
朝礼やミーティングを行い、社員全員で士気を高めて、一日を始めます。
8:30
前もって用意している施工に必要な設備・用具・資材を確認し、車へセッティングします。
9:00
現場に到着。施工に関わるパートナー職人と仕事の確認をし、施工開始。
ここで工程管理・安全管理・品質管理を行います。
12:00
休憩。近くのお店でランチ。忙しい時は昼抜きの時も・・・
13:30
オーナー様のもとへ通信設備の設置を交渉。
16:00
本社へ戻り、現場報告書の作成、お客様へのメールや電話を行います。
ここで今動いている仕事の状況報告や、新しい案件の情報収集をします。
17:30
社内ミーティングを行い、現場の情報共有や目標・行動指針の確認をします。
19:00
上司への相談・報告が終われば帰宅。時にはそのまま上司と飲みニケーション。

プロジェクト

PAGE TOP